とっておきのモノにフォーカスしたブログ

ドクターマーチンでの靴擦れが辛い!足が痛い時の簡単防止策5選

こんにちは!ものです。

ドクターマーチンのブーツカッコ良いですよね。

筆者も3ホールシューズを愛用していますが、ドクターマーチンのシューズ類って革が硬くて靴擦れを起こしやすいことで有名だったりします

筆者は毎回ここが痛くなります


もの

革が馴染むまではまさに苦行…



足の皮が剥けたり、血が出たりと辛さに耐え抜いてようやくフィットしてくるのです。

とはいえ、早く馴染ませたいし痛い思いをしてまで履きたくないと考えてる方もいるでしょう。

今回はドクターマーチンを馴染ませるまでの足の痛みや靴擦れを起こしづらくする防止策を5選ご紹介させていただきます。

良ければ最後まで見ていってください。

この記事はこんな人にオススメ!

・ドクターマーチンを買ったはいいが靴擦れが酷くて履けなくなった
・ドクターマーチンを購入予定だが靴擦れの心配がある方
・手軽&安価に靴擦れを防止したい方



目次

防止策1.絆創膏を使う

当たり前といえば当たり前で簡単な防止策なのが、靴擦れが起きそうな箇所に予め絆創膏を貼っておく方法。

こちらは誰でも思いつくと思いますが、絆創膏にも種類があります。

筆者がオススメするのは大判厚手の絆創膏を購入すること。
肌をしっかり包み込み、絆創膏が捲れて靴擦れしてしまう心配もありません。

また、靴擦れ専用の絆創膏もあるので既に靴擦れしてしまった方にはこちらの絆創膏もオススメです。

防止策2.厚手の靴下で保護する

厚手の靴下を履く方法もメジャーですが手っ取り早い防止策です。

靴下がクッションとなり靴擦れが起こりづらくなる他、靴と足との間の隙間を埋めてフィット感も向上します。


ただ、夏場など暑い時期に厚手の靴下自体を履けないときは有効手段とは言えないかもしれません。


防止策3.靴ずれパッドを使用する

お金が掛かってしまいますが兎に角足の痛みをどうにかしたい!といえ方には靴擦れ防止パッドがオススメ

スニーカーのかかと部分に貼り付けることにより、フィット感の向上だけでなく靴擦れを防ぐことができます。

デメリットとして脱いだ時にパッドが丸見えになってしまうことですね。
しかし一度靴に貼り付ければOK。

また、馴染んできたら剥がしてしまえばいいので靴擦れがどうしても嫌な方にはオススメと言えるアイテムです。

防止策4:靴ずれテープを貼る

絆創膏を貼る対策と若干似てしまいますが、靴ずれ専用テープというものも存在します。


テーピングの様なもので踵やアキレス腱部分などの靴ずれをしやすい箇所に事前に貼っておくことで足を保護してくれます。
衛生的ですし、毎回貼り付ければ良いので結構便利。

防止策5.オイルで革を柔らかくする

愛用のマーチン用オイル

ドクターマーチン専用のオイルで早くから革を柔らかくする方法もオススメ。

革のお手入れにもなりますし、革も徐々に柔らかくなってきます。

筆者もこちらのオイルを愛用しており、定期的にお手入れしているので革も少しずつ柔らかくなってきています。

中身はこんな感じ。スポンジが付属しているのでつけてなじませます。

デメリットとしてはオイルが馴染むまで時間が掛かってしまうこと。
革を馴染ませ、柔らかくすることはそれなりに時間がかかります。

その為、このオイルを利用したとしてもすぐに靴擦れを起こしづらくすることはできません

防止策1〜4番を並行しながらケアするのが一番効果的ですし、結果的に靴を長持ちさせることにも繋がります。

もの

折角のマーチンなので長く愛用していきたいですもんね。ケア用品は必需品と言えますよ!



まとめ

今回はドクターマーチンの靴擦れ防止対策についてご紹介させていただきました。
以下が防止策のまとめになります。

防止策1.大判絆創膏を使う
防止策2.厚手の靴下を履く
防止策3.靴擦れ防止パッドを使う
防止策4.靴ずれテープを貼る
防止先5.ドクターマーチン専用オイルで馴染ませる

ドクターマーチンの靴はなかなか馴染ませるのに時間が掛かりますが馴染んだ後の履き心地やシワ感、シルエットはやはり頑張って履いてきてよかったなと実感できます。

この防止策で少しでも靴擦れからの苦痛が軽減されたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

↓↓↓ドクターマーチンの購入ならこちら↓↓↓

メンズ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる