とっておきのモノにフォーカスしたブログ

Clarks(クラークス)のワラビーゴアテックス購入!サイズ感と履き心地は?

こんにちは!ものです。




今回はClarks(クラークス)Wallabee(ワラビー)のGORE-TEXモデルをゲットしたのでそちらのレビューになります。


この記事はこんな人にオススメ

・GORE-TEXWallabee(ワラビー)を買おうか悩んでる人

・通常モデルかGORE-TEXモデルかで悩んでる人

・サイズがいまいちわからないという人

・Clarks(クラークス)のWallabee(ワラビー)ってなに?と思ってる人



最後まで読んでいただければと思います!


目次

Clarks(クラークス)とは?



Clarks(クラークス)は、1825年にイギリスのカジュアルシューズのブランドとして設立されました。
当時はシープスキンのスリッパから始まり、スリッパの原点から現在のクラークスのシューズが生まれました。


現在もカジュアルなデザインが特徴で上質なレザーを使用した靴作りを行っています。



そして近年、Clarks(クラークス)のWallabee(ワラビー)が人気になっています。


それもそのはず、ややカジュアルでありながらドレスライクな見た目がストリートファッションの崩しとしても使い勝手が良く、汎用性のあるアイテムだからです。


パーカーにカーゴパンツなどカジュアルな服装でも足元をスニーカーからWallabee(ワラビー)に変えるだけで全体が締まってみえるのです。



もの

もちろんフォーマルな服装にも決まりますが、私はコーディネートの崩しとしてカーゴパンツやLevi’s550のリラックスジーンズと合わせたいですね




Wallabee(ワラビー)とは?

出店;https://www.clarks.co.jp/



Wallabee(ワラビー)はモカシンの一種で、Clarks社の展開するWallabee(ワラビー)はローカットタイプのWallabee(ワラビー)とハイカットタイプのWallabee Boots(ワラビーブーツ)の2パターンが展開されています。



また由来としては、カンガルーのお腹のポケットの中のように包み込まれる履き心地が名前の由来なんだとか。

余談ですが、Wallabee(ワラビー)はClarks(クラークス)の商品名なのですが、こういった形の靴を総称してWallabee(ワラビー)として扱われることもあるようです。



もの

シンプルで飽きが来ない汎用性の高いワラビーは1足は持っておくと重宝するアイテムです。



1.Wallabee GORE-TEX (ワラビーゴアテックス)とは?

大人気のWallabeeですが、GORE-TEX版のWallabee(ワラビー)も登場しています。

通常のWallabee(ワラビー)と異なり、アッパーは上質なレザーを使用しており、
GORE-TEXのライニングとVibramソールによりさまざまな天候条件にも対応した防水性に優れたアイテム。

Wallabee(ワラビー)より少し高くなりますが、筆者は少しお金を出してもGORE-TEXをオススメしたいです。


Wallabee GORE-TEX (ワラビーゴアテックス)の魅力


1.雨でも快適に履ける!

GORE-TEX素材なので防水性はお墨付き。


レザーブーツは雨の日になかなか履けず、また汚れないように気を遣う必要がありますよね。


GORE-TEXであれば防水性だけでなく、汚れも弾いてくれるのでヘビーユースに使えます。


もの

雨の日のレザーブーツはなるべく履かないようにしてましたが、Wallabee GORE-TEX (ワラビーゴアテックス)なら雨の日でも気軽に履けますね!




2.Vibram(ビブラム)ソールで上質な履き心地





次はVibram(ビブラム)ソールについてご紹介。通常モデルのクレープソールもクッション性がよく、快適なのですがVibramソールはさらに快適です。


Vibramソールとは?
イタリアのビブラム(Vibram)社が製造しているソールの総称。
登山靴を筆頭にワークブーツやスニーカーなどのソールに使用されており、様々なブランドののソールとしても使用されています。
その履き心地と耐久性は流石といったところで、グリップ力がありつつ、衝撃吸収性にも優れています。
ソール裏の黄色のマークもビブラム社の象徴です。映える黄色が格好良いです。




もの

Wallabee×GORE-TEX×Vibramソール
これだけで高くても絶対良いものだと断言できる!




サイズ感と履き心地

出典:https://www.clarks.co.jp/



実際のサイズ感ですが、普段履いているサイズより0.5cmほどサイズダウンが良さそう。


ワンサイズダウンして履くと幅は丁度良く、足長に若干余裕があるかなという感じですが、革が柔らかいので紐をキツく縛っても足が痛くなることはなかったです。



また、履き心地としてはクレープソールよりふかふかした感触かありませんが、グリップ力のあるVibramソールならではのしっかりとした履き心地。




重くもなく、軽量すぎるわけでもないので安定感がありました。





Wallabee(ワラビー)のシューズケア方法

Wallabee GORE-TEX(ワラビーゴアテックス)でヘビーユースに使えるアイテムではありますが、勿論定期的にお手入れは必要です。

最低でも月1回はシューズブラシでブラッシングを行い、汚れがひどい場合はクリーナーで綺麗にしましょう。

定期的にケアを行うことで長く愛用することができます。



↓オススメのケア用品はこちら↓




まとめ

今回はWallabee GORE-TEX(ワラビーゴアテックス)についてご紹介させていただきました。

コーディネートを選ばない汎用性のあるデザインなので、少し高くてもWallabee GORE-TEX(ワラビーゴアテックス)の購入をオススメします。

また、Wallabee GORE-TEX(ワラビーゴアテックス)は人気アイテムなので見かけたら迷わず買うのがオススメです!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

↓↓Clarksのワラビーの購入はこちら↓↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる