【米軍式】旅行荷物をコンパクトにまとめる方法

旅行

こんにちは!はるです。

旅行へ行くことになり、いざパッキング。

でも服が嵩張って荷物が入りきらずに困ることありませんか?

荷物を嵩張らずに持っていきたい!

そう思っている方は大体100円均一で売られている衣類圧縮袋を利用されてパッキングしていると思います。

こちらでも確かに荷物をコンパクトにする事は可能なのですが、

今回私がオススメする畳み方ですとデッドスペースを作らず、

なおかつ荷物をコンパクトにパッキングすることが可能です!

こちらの方法は米軍で実際に使用されていた畳み方になります。

ミニマリストにもオススメです。

では、実際に見ていきましょう!

Tシャツの畳み方

Tシャツを平置きする。

裾を10cm程度捲くる。

Tシャツの1/3程度を折り重ねる。

反対も同じように折り重ねる。

長方形になりました。

襟元を掴み丸める。(首側を内側に丸めましょう)

しっかり丸め込めればだいぶコンパクトになっているはずです!

捲った裾で包み込む。

丸め込んだあとは一番最初に裾を折った部分をくるっと包み込む。

これで完成!

動画で解説

写真では分かりづらいと思うので動画にもしてみました。

音は出ませんので安心して見てください。

コンパクトに纏めることができました。

あとはスーツケースやバックパックに隙間なく埋めるだけ。

衣類圧縮袋だと詰め込む際、デッドスペースが生まれたりするのですが、

こちらはパズルの様に隙間を埋めていけばデッドスペースもなくコンパクトに収納することが可能です!

この方法は旅行時にも有効ではありますが、普段タンスの中に入れる際も重宝する方法かと思います。

また、今回はTシャツを使用しましたが、他トップス、パンツ類も応用可能。

パンツ類はウエスト部分を裾と同じように折返して丸めれば、Tシャツと同様にコンパクトに纏めることもできます。

まとめ

旅行へ行く際には、なるべくコンパクトに纏めたい!という方にはオススメのパッキング方法です。

日常生活の中でも使える技でもあるので、タンスの中に洋服を畳む際にも重宝する方法なのでぜひ試してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました