au新ブランドpovoのメリット&デメリットを解説!

ガジェット

2021年1月13日にauから新たな新ブランドであるpovoが発表されました。

docomo、SoftBank、楽天モバイル、au。
どのキャリアも値下げ競争が激化してきている昨今で、auの新ブランドpovoはどの様なプランでメリットやデメリットは何かを解説します。

新ブランドpovo
プラン名未定
月額2,480円
データ量20GB
通信規格4G/5G(2021年夏5G対応予定)
通話料国内通話20円/30秒
通信制限時速度1Mbps
トッピング
(オプション)
+500円で5分以内国内通話無料
+1,500円で国内通話かけ放題
+200円で24時間データ使い放題
テザリング可能
国際ローミング未定
実店舗なし
契約方法オンラインのみ

povoのメリット

データ量20GB 2,480円で4大キャリア最安値

povoはdocomoのahamo、SoftBankのSoftBank on line、楽天モバイルの楽天アンリミットのどのプランよりも最安です。

楽天モバイルに限ってはデータ無制限で2,980円なので比較対象と言えるか微妙なところですが、ahamo、SoftBank on lineは20GBで2,980円なので500円分povoの方が安いです。

プランに無駄がなくオプションをトッピングすることが可能

povoは値段が安い代わりにとてもシンプルなプランになっています。

トッピングという名のオプション追加料を支払えば、自分好みのプランへカスタマイズすることができます。

【トッピング①】500円追加で国内通話5分以内無料

ahamo、SoftBank on lineは2,980円の中に国内通話5分無料/回のサービスが含まれています。
また楽天モバイルは楽天リンクを利用すれば通話かけ放題。

一方、povoは500円の追加(トッピング)を行うことでahamoやSoftBank on lineと同様の5分無料オプションをつけることが可能です。

もの
もの

普段電話しない人にとっては5分通話無料だったとしてもそんなにメリットに感じないかな。それなら500円値下げしてくれた方が助かる!

【トッピング②】 1,500円で国内通話かけ放題をトッピングできる

povoは1500円追加で国内通話かけ放題にすることもできます。

2,490円に+1,500円なのでお財布にも優しく、ビジネス用途としてスマホを利用する方にとっても手頃で非常に魅力的です。

【トッピング③】 200円で24時間データ無制限

povoの最大の魅力はなんといっても200円24時間データ無制限。

友達が遊びに来たし今日は沢山動画みたいな!

ソシャゲで限定イベントがあるからゲームにしまくるぞ!

こんな時、データ量って気になりますよね。
povoならデータを沢山使いそうな時は追加料金を支払えば24時間使い放題で利用することが可能です。

そして24時間使い放題なのに200円という破格の安さ

ただ、ここで注意していただきたいのが混雑時間帯などでは通信速度が遅くなる可能性があり、povo側も通信制御をする場合があると注意書きがされています。

場合によっては速度が遅すぎる可能性や使い過ぎによる制限がかかる可能性があるので注意しましょう。

テザリング可能

povoはテザリングが可能でパソコンのアクセスポイントとしてスマホを利用することが可能です。
Wi-Fiスポットがない環境でパソコン作業をしなければならない時は重宝しますし、テザリングは便利です。

eSIM対応

eSIM対応によりわざわざ店舗にいく必要もなくなり即日開通をすることができます。
※対応していない機種もあるのでご自身の使用している機種をご確認ください。

4G/5G対応

3月サービス開始時は4Gのみ対応ですが夏には5Gにも対応予定。
現状は5Gは首都圏の一部でしか普及していないので、特に問題視する必要はありません。

安定のau回線

通信品質はau回線を使用するとのこと。
au回線は全国どこへ行っても安定していますので、通信品質に関しては問題ないと言えるでしょう。

povoのデメリット

キャリアメール不可

今までキャリアを利用していた人にとってこれが一番厄介でもあるかもしれません。
povoでは、【@au. com/@ezweb.ne.jp】などのキャリアメールが利用できなくので注意が必要です。

移行する際は事前にGmailなどのフリーメールへの移行をオススメします。

店舗でのサポートは非対応

auの店舗での手続きやトラブル時の対応不可となっています。
また、povoへの移行手続きもオンラインのみとなっています。

トラブルはある程度自分で対応することになるので、「店舗での手厚いサポートが受けたい!」という方にはオススメできません。

もの
もの

MNOではあるけどMVNOみたいな立ち位置なんだね。
手厚いサポートが受けられないのは不安って人は向かないかも。

国際ローミングは未定

これはデメリットではないのですが、現状国際ローミングの対応は未定となっています。

他社では国際ローミングもプラン料金に含まれているので、povoも同様に国際ローミングに対応するのではないか?という期待はしています。こちらに関しては情報が入り次第更新いたします。  

まとめ

今回はpovoのメリットとデメリットをご紹介しました。

povoはオプションをトッピングできる点はとても魅力的ですよね。
現状、20GBで充分と思える人であればpovoにするメリットはあると言えます。

また情報があり次第、アップデートさせていただきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました