ラブライブ『μ’s』の舞台秋葉原 短時間で巡る聖地巡礼!

旅行
画像引用:https://www.lovelive-anime.jp/otonokizaka/bd.html

こんにちは、ものです!

年末年始に友人と『ラブライブ』の聖地巡礼をしてきました!

今回は秋葉原!

『ラブライブ』の『μ’s』の聖地!!!

前から行きたいと思ってたのですが、なかなか行ける機会がなく…ようやく行くことができました!

今回は短時間(約2時間)で回れる『μ’s』の聖地をご案内します!

短時間で回れるオススメルート

秋葉原駅START→秋葉原UDX→竹むら→昌平橋→神田明神男坂→神田明神→秋葉原駅GOAL

このルートは竹むらでお茶をしたり、各所で写真を撮っても割とゆったり回れます。
どこも距離が近いので、短時間でも充分見て回れますよ。

秋葉原START

まずは秋葉原電気街口からSTART。

駅前は『虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』のラッピング仕様になっており、初っ端からテンションがあがります。

ものs
ものs

待ち合わせは電気街口が分かりやすいのでオススメ!

秋葉原UDX

電気街口のすぐ横に秋葉原UDXがあります。


そうここは、UTX学園のモデルになった場所!
A-RISEの3人が通う学校ですね!
穂乃果ちゃんもここのモニターの『ラブライブ』の映像をみてスクールアイドルを始めました。

また、『ラブライブ!サンシャイン』の千歌ちゃんもここのモニターをみてスクールアイドルへの憧れを抱いた特別な場所でもあります。

はい、ここで『ラブライブ!サンシャイン』のちかっちと同じ構図で撮影。

聖地巡礼は同じ構図で撮影しながら大好きなキャラの思い出にふけるのが最高ですね。

もの
もの

どんな構図で撮るか事前に調べておくと聖地巡礼がもっと楽しくなりますよ!

竹むら

UDXの後は『竹むら』。

UDXから約10分ほどで着きますが路地にあるのでGoogle Map必須!
(下記にマップが貼ってあるので参考にしてみてださい)

到着して初めて竹むらをみた瞬間感動しました。

もの
もの

うわぁぁ、ホノカチャンのお家だぁ…

穂乃果ママと同じポーズで写真を撮りました。

もの
もの

せっかく来たのなら『ほむまん』も食べたい!

ということで『竹むら』さんで休憩。

ほむまんは穂乃果ちゃんの実家、『穂むら』の名物まんじゅうですが、『竹むら』さんの名物は『揚げまんじゅう』です。

竹むら名物『揚げまんじゅう』

お茶も頂きつつ、『揚げまんじゅう』をほうばる。

サクサクの衣の中に甘さ控えめのアンコがたっぷり。

あまり和菓子は好きではないのですが、『竹むら』さんの『揚げまんじゅう』は和菓子独特のしつこい甘さがなかったので、ぺろりと平らげてしまいました。

お値段も2個セット+お茶で500円とリーズナブル。
『竹むら』さんの室内も昔ながらの甘味処という感じで風情がありとても落ち着きます。
※竹むらさんの室内は撮影NG。注文品は撮影OKです。

昌平橋

昌平橋は『竹むら』さんから歩いて5分ほどで到着。

ラブライブの1期、2期でもちょこちょこ出てくる橋ですね。

ここでも同じく構図で撮影。

また、ラブライブの聖地と知らずおじさんが神聖なる椅子に座っている場合があります。
タイミングが合わなかったら時間をおいて再チャレンジしましょう。

神田明神男坂 

神田明神男坂は昌平橋から歩いて10分前後。
ここはμ’sをスクールアイドルとして鍛え上げた階段で作中でもトレーニング場所として何度も出てくる神聖な場所です。

神田明神男坂がラブライブで有名になったからか、写真を撮っている方がちらほらいました。

神田明神男坂と神田明神は人も多かったので同じ構図での撮影は断念。

もの
もの

結構急な階段でここを往復したら絶対しんどい…

神田明神

神田明神男坂を登るとすぐ神田明神の本殿があります。

希の巫女姿で境内を掃除してるのが印象的な場所でもあり、『ラブライブ!サンシャイン』でも登場している聖地中の聖地。

神田明神でラブライブグッズや絵馬も売っているので推しメンのラバストを買ってお参りするのも良いですね。

まとめ

今回は短時間ということもあり、有名所にフォーカスを当てて巡りましたが、私個人としてはとても満足のいく聖地巡礼となりました。

時間がない人やちょっとお散歩がてら巡ってみたいと思う方であれば、このルートの通りに歩いてみるのも良いかと思います。

次はニジガクとAqoursの聖地を訪れたいものです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました